オークション出品代行とは?メリットとデメリットを徹底解説

公開日:2024/05/30  

オークション出品代行

近年はECモールでの取引が活発化しています。売り上げを伸ばすためには、複数の販売チャネルに出品するのがおすすめです。

しかし、ネットオークションへの出品・発送作業は手間と時間がかかるので、なんとか効率化したいと悩む方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、オークション出品代行です。

今回は、オークション出品代行の利用を検討している方に向けて、メリットやデメリットを徹底解説していきます。

オークション出品代行とは?

オークション出品代行とは、その名の通りネットオークションでの出品作業や発送業務を第三者に委託することです。オークションでの出品・発送作業は、主に9つのステップに分けられます。

具体的には「商品の検品・採寸」「商品の撮影」「商品説明文の作成」「カテゴリー・送料・支払方法の設定」「出品」「商品管理・質問対応」「落札者との取引」「入金確認後に商品の梱包・発送」「評価のやり取りやクレーム対応」の流れで行われます。出品作業は慣れれば短時間で完了しますが、手間と時間がかかるうえに、場合によっては精神的負担がのしかかります

オークション出品代行サービスを利用することで、これらの面倒な作業を包括的に任せられます。万が一、落札者との間でトラブルが発生したとしてもクレーム対応まで任せられるので安心です。

オークション出品代行で委託できる業務内容について

オークション出品代行サービスは、業者によってサービス内容が異なりますが、主に「商品登録」「検品」「購入者とのやり取り」「梱包・発送」の4つの作業を委託できます。それぞれの具体的な内容について、解説します。

商品登録

ネットオークションに出品する際には、商品の写真を撮影したり、商品説明文を作成したりする必要があります。写真や商品説明文は購入する際の判断材料になるため、より魅力的に見せるための工夫が欠かせません

出品代行業者は、撮影や文章作成のプロなので、販売画面の質を高められます。

検品

出品代行業者は、商品の動作確認やキズ・汚れの確認などを代わりに行ってくれます。在庫が多くなるほど検品作業はおざなりになりやすく、トラブルが発生する恐れがあります。

検品作業を徹底することで、顧客からの評価を保てます。

購入者とのやり取り

ネットオークションに出品した商品への問い合わせには、迅速な対応が求められます。繁忙期に差し掛かり、業務量が増えると顧客への対応が遅れることもありますが、遅れると顧客からの信頼を損なうことにもなりかねません。

出品代行に依頼することで、購入希望者との対応を任せられ、万が一トラブルが起こった際にもクレーム対応まで包括的に依頼できます。

梱包・発送

購入者に商品をスムーズに届けるためには、落札から発送までの効率的な業務フローを構築する必要があります。梱包・発送作業には手間も時間もかかるので、代行業者に依頼するのがおすすめです。

梱包基準を遵守した業務に期待できます。

オークション出品代行を利用するメリット

オークション出品代行サービスを利用することで、さまざまなメリットを得られます。具体的に解説します。

高く売れる可能性が高まる

オークション出品代行サービスを利用することで、自身で出品するよりも高く売れる可能性が高まります。なぜなら、プロが手掛けた写真や説明書きによって、より商品を魅力的にアピールできるからです。

また、代行業者がこれまで多くの商品を出品してきたアカウントで販売するので、効率的に集客できます。購入者の目線で考えると、評価の少ない個人出品者から購入するよりも、出品数と評価が多いストアから購入する方が安心できます。

たとえ個人出品者の方が安かったとしても、信頼性の高い出品者の方が売れる可能性が高いと言えるでしょう。

時間を有効活用できる

ネットオークションに出品してから発送まで、少なくとも3時間ほどはかかります。その内訳としては、撮影から出品までに約90分、質問対応に約30分、落札後のやりとりに約30分、商品の梱包・発送作業に約30分です。さらに、そのほかにも細かい作業が必要となります。

出品作業に慣れていない方の場合は、もっと時間と手間が掛かることでしょう。一方で、出品代行業者はこれまでに数多くの出品実績があるので、ノウハウを活かしてより効率的に進められます。

自身で作業を行うよりも、業者に委託した方が時間的コストを削減できます。面倒な作業は業者に任せることで、余った時間を有効活用できるでしょう。

精神的負担を軽減できる

ネットオークションにおいては、トラブルがつきものです。とくにクレーム対応に頭を悩まされる出品者も多いのではないでしょうか。

冷静に話ができれば良いのですが、なかには感情的に怒鳴りつけられることも多々あります。「画像と実際の色が違う」「記載されていたサイズと異なる」「画像に写っていないダメージがある」「臭いがする」など、重箱の隅をつつくようなクレームも少なくありません。

リアルショップでは、実際の商品を確認したうえで納得して購入できますが、ネット上では使用感や臭いを確認できないので、クレームにつながりがちです。少しでも記載内容と異なれば、返品理由として認められるケースがほとんどです。

このようにネットオークションにおいてはクレームや返品などのトラブルが起こりやすく、精神的負担がかかります。代行業者は、理不尽なクレームに対しても責任を持って対応してくれるので、余計なストレスから解放されます。

オークション出品代行を利用するデメリット

オークション出品代行サービスにはさまざまなメリットがありますが、もちろんデメリットも存在します。デメリットについても理解したうえで利用することをおすすめします。

利益額が減ってしまう

オークション出品代行サービスを利用することで、利益額が減ってしまう恐れがあります。出品代行サービスを利用すると、販売手数料や月額料金が発生します。

作業工数が減るので人件費を削減できますが、人件費以上の利益が見込めないと赤字になってしまいます。確実に利益を得るには、中価格帯の商品を主軸として販売するなどの工夫が必要です。

出品ノウハウを蓄積できない

オークション出品代行業者は、出品作業や取引のプロフェッショナルなので、確実かつスピーディーな対応が期待できます。問題が起こった時にも対応実績も豊富です。

しかし、出品代行を依頼すると、自身で顧客対応力や販売業務に関するノウハウを積み重ねられません。自社で販売を開始する際に、販売経験がないので苦労するかもしれません。

すべての業務を出品代行に任せるのではなく、在庫回転率の高い商品は自力で販売するなど、販売経験を積むことをおすすめします。

商品によっては出品できない可能性がある

出品代行業者によっては、すべての商品に対応しているわけではなく、商品のサイズやジャンル、相場価格などで制限しているところもあります。業者選定の際には、自社で取り扱っている商品に対応しているかどうか確認しておきましょう。

なお、出品代行業者に依頼することを前提として仕入れを行っていると、商品ジャンルの幅が狭まるリスクがあります。出品代行に依存していると、市場ニーズに合わなくなり、多くの在庫を抱えてしまうことにつながりかねません。

競合他社との差別化を図るうえでも幅広い商品ラインナップを揃える体制を整えておきましょう。

まとめ

今回はオークション出品代行サービスについて、メリットとデメリットを紹介しました。オークション出品代行とは、ネットオークションへの出品業務から発送業務まで包括的に任せることのできるサービスです。

代行サービスを利用することで、自身で販売するよりも高く売れる可能性が高まります。代行業者は、撮影や文章作成のプロなので、より商品を魅力的にアピールするできます。

また、ネットオークションでありがちなトラブルの対処まで任せられるので、精神的負担を軽減できます。ただし、出品代行を利用することで、利益率が下がってしまう点には注意しましょう。

本記事が参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめオークション出品代行業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名オクサポ!神戸オークションQuickDo宅オクスマイルファクトリー
特徴お客様満足度No.1!自宅にいるだけで気軽にオークションへの出品が可能取扱商品数は業界No.1!粘り強く、親切なサービスで高値での取引を実現ノーリスク、ハイリターン!プロのオークション代行スタッフが丁寧にサポート会員数200万人を誇るNETOFFの姉妹サイト!落札確率90%以上のオークション出品代行落札されるまで手数料0円!自分に合ったオークション出品を実現できる
詳細リンク